チェックする箇所がわかれば不安も解消

サイトマップ

トップバナー

資料請求のチェック

チェックする人

チェックすべき項目

結婚相談所の資料が届いたら、チェックを行わなければなりません。チェックすべき項目をご紹介致します。 まず、入会金について確認しましょう。1つの結婚相談所であっても、様々なコースがあると思います。まず、 入会金を見る事から始めなければなりません。高く支払えばいいという訳ではありません。例えば、入会金無 料というキャンペーンを行っているとしても、実際には入会金よりサービスの内容が高かったという事もある ので注意が必要です。

料金

結婚相談所の形態によって異なる

また、活動費にも目を通して下さい。活動費は、結婚相談所のタイプやコース、サービスの内容によって異なり ます。一概に○円という提示はできませんが、大体数万から30万を超える物があるという事を覚えておきましょ う。まずは、基本的な目的と予算を決めておかなければなりません。基本的に、年会費が高い場合お見合い代が やすくなっている可能性があります。様々なニーズに適した料金を確認しましょう。

次に、成婚日についてですが、これも結婚相談所の形態によって異なります。大体は5万から30万だといわれていま す。基本的にデータマッチング型の結婚相談所や、ネット型の結婚商談所には成婚量を請求する所は少ないようです。 また、入会に必要な資料も結婚相談所が指定した条件や、コースの内容に異なってくるので、それに適した資料を 用意できるかどうかも把握しておかなければなりません。

会員数とコース

ポイント

会員数についてです。異性が10人登録しているのと、100人登録しているのでは、出会いに対して大きな差が誕生 してしまいます。会員の数が多いという事はとてもいい事です。ですが、会員の数が多いからと言って必ずしも 結婚できる可能性が100%あるという訳ではないので、注意が必要になります。また、会員数が少ない結婚相談所 でも、他の相談書と連携している可能性もゼロではないので、結婚できないとは一概には言えないのが実情とな っています。

カップル

また、1つの結婚相談所であっても、様々なコースが用意されている事はみなさんご存知だと思います。それに 伴った費用が必要になるので、自分に対してのメリットとデメリットを把握しておかなければなりません。どち らにせよ、アドバイザーの上手なセールストークに騙されなうように、冷静に話を聞く事が大切になります。ど うして高い料金を払う必要があるのか、払う価値があるのかをきちんと見極めましょう。また、お金を支払うの は、あなた自身なので、最終的には自分のものさしで判断する事を大切にしましょう。周りに合わせすぎて無理をするのは 禁物です。

結婚相談所の選び方の基礎的知識